ありろぐ

気になっていることを書きます。

【コーヒー豆知識】カフェオレとカフェラテ・カプチーノの違いについて

SPONSORED LINK

カフェオレとカフェラテの違いについて、知っている人には当たり前な事だけど、どう違うのかよく分かっていない人が多いのも事実。

 

カフェオレは昔ながらの喫茶店で飲めて、カフェラテは最近できたおしゃれなお店で飲めるものみたいに思っている人が多いのではないでしょうか?

 

実は作り方が全然違う飲み物なんです。

 

僕もコーヒー屋に勤めるまでは違いがさっぱり分からなかった。

 

今日は違いについてわかりやすく解説します。

f:id:arito3:20170718174819j:plain

 

 

 カフェオレとカフェラテ

言葉の意味は

カフェオレは cafe au lait と書きます。

フランス語で、cafeはコーヒーの事、laitがミルクの事です。カフェオレはコーヒーミルク という意味なのです。

 

カフェラテは caffe latte と書きます。

イタリア語で caffeがコーヒー、latteがミルクの事。カフェラテもコーヒーミルクという意味になります。

 

つまりはどちらも言語が違うだけでコーヒーミルクと同じ意味になります。

 

何が違うの

コーヒーの部分が違います。

カフェオレは普通のコーヒーを使います。

カフェラテはイタリアのドリンクなのでエスプレッソを使います。

カフェオレとカフェラテの違いを決定づけているのは、普通のコーヒーを使うかエスプレッソを使うかという事です。

 

味は違うの

カフェオレはコーヒーとミルクの割合が50:50ぐらいです。

カフェラテの割合は20:80ぐらいです。

カフェラテのほうがミルクの割合が多いですが、エスプレッソを使っているので味わいはカフェラテのほうがコーヒーのしっかり感が強く感じられます。

 

ちなみに

コンビニコーヒーでカフェオレと言わずにカフェラテと言う理由も、あのマシンを使って抽出されるのがドリップコーヒーではなくエスプレッソだからなんです。

カフェラテという方がオシャレだからというだけでないんですね。

 

カフェラテとカプチーノ

カフェオレとカフェラテの違いの後はカフェラテとカプチーノの違いについてです。

カプチーノとは

シングルショットのエスプレッソ、きめ細かいスチームミルク、厚めのフォームドミルク(泡立てたミルク)でできています。

5~6oz(約150~180ml)のカップに入れられて出てくることが多いです。

 

カフェラテとの違いは

まずカフェラテにはアイスが有りますが、カプチーノホットしかありません。

カフェラテもホットの場合はエスプレッソにスチームミルクとフォームドミルクとカプチーノ同じものでできていますが、が違います。

先ほど書きましたがカプチーノは180mlです。カフェラテは約240mlのカップで提供されることが多いです。

 

カップの大きさが違うので必然的にカプチーノのほうがコーヒーの割合が多くなります。
味の違いとしてカフェラテのほうがミルクの量が多いのでまろやかな味わいになり、カプチーノのほうがよりコーヒーを感じる飲み物になります。

 

ちなみに

カプチーノは180mlと書きましたが、シアトル系カフェのようにショートやトールといったサイズが選べるお店は、泡の量でカフェラテとカプチーノの商品の違いを出しています。

泡をたっぷり作って入れたほうがカプチーノで、カフェラテは泡少な目で作ります。

注文するときの参考にしてください。

 

まとめ

カフェオレとカフェラテ、元の言語が違いますがどちらもコーヒーとミルクを使うという部分で同じです。

しかしベースとなるコーヒーの抽出方法が違う事によって全く違う飲み物になってます。

 

またカフェラテとカプチーノもフォームドミルクの量の違いで全く味わいの違う飲み物になっています。

 

僕は飲み比べをしたときに、同じ材料でここまで味わいの違いがあるのかと驚きました。

コーヒーの面白いところだと思っています。

 

カフェラテとカプチーノを両方メニューに載せてる店は有りますが、カフェオレとカフェラテがどっちもある店はなかなか無いと思います。

見つけたらぜひ飲み比べをしてみてください。