ありろぐ

気になっていることを書きます。

【コーヒー豆知識】アメリカーノとアメリカンの違いについて

エスプレッソマシンを置いてあるお店でよく見かけるメニュー、「カフェ・アメリカーノ」。

コーヒー好きの方ならどんなドリンクなのか分かっていると思いますが、いわゆる「アメリカンコーヒー」と勘違いして注文される方も多いメニューです。

まだまだ違いがわからないよと言う方が多いと思うので、今回はどんなふうに違うのかについてお話します。

f:id:arito3:20170716181533j:plain

 

 

アメリカンについて

昔ながらの喫茶店にいけばよくあるメニューですね。

 

本来は浅めの焙煎の豆を使って淹れたコーヒーの事です。

 

しかしよく勘違いをされているコーヒーでもあります。

 

どんな勘違いかというと、普通のコーヒーに比べて薄めに淹れたコーヒーという認識をされている方がほとんどです。

 

お客さんが薄めたコーヒーという認識で注文するので、ドリップコーヒーをお湯で薄めて出すお店もあります。

 

本来の意味と違ってきてますが、薄めたコーヒーという認識がお客さんに広がっているので、もうそっちのほうが日本では正解にしても良いんじゃないかと思います。

 

アメリカーノとは

エスプレッソにお湯を注いでちょうどいい濃さに調整したドリンクの事です。

エスプレッソを使っているので深煎りの豆を使う事が多いので苦みの強いしっかりした味わいになります。

薄いコーヒーのアメリカンのつもりで注文すると苦みが強いためこれじゃなかったと後悔することになります。

 

まだ数は少ないですがシングルオリジンのエスプレッソで淹れたアメリカーノを出すお店もあります。

そういうお店のアメリカーノは苦みはなく、プレスやドリップとはまた違う味になっていて飲み比べるのがとても面白いです。

 

アメリカーノの利点として提供時間が早いという事があります。

豆を挽く→エスプレッソ抽出→お湯で割る、1杯作るのに1分かかりません。

忙しいお店でオーダーを回すのにぴったりです。

スピーディーに提供できることからアメリカーノはメニューの中ではお安めの価格設定になっている事がほとんどです。

しかし味が安っぽいわけではなく、どんな豆を使っているか、機器のセッティング含めてバリスタの腕はどのくらいかなど、シンプルなメニューゆえにお店のレベルが如実に表れるメニューです。(一番測れるのはエスプレッソ単品ですが)

 

アメリカーノはどこで飲めるの

エスプレッソマシンを置いてある店ならメニューにあると思います。

ドリップコーヒーを提供していないお店はアメリカーノを「ホットコーヒー」としてメニューに載せている場合もあります。

 

そして実はコンビニコーヒーアメリカーノなのです。
カップに注がれるところをよく見ると黒い液体と透明な液体が注がれているのが見えます。
ドリップでは不可能な時間でコーヒーが出てくる理由はアメリカーノだからなんですね。

そういう意味で、アメリカーノは今一番日本で飲まれているコーヒーと言えます。

f:id:arito3:20170716201549j:plain

 

最後に

アメリカーノの説明で”エスプレッソを薄めたドリンク”と書いてあるサイトをよく見かけます。
間違ってはいないんですが薄めるという表現がキライです。
薄めると表現すると味も薄くなるんじゃないのという印象になります。
アメリカーノは薄めたのではなく、コーヒーを美味しく飲むためのちゃんとした飲み方の一つととらえてほしいです。

それでは。