ありろぐ

気になっていることを書きます。

急冷式で淹れる美味しいアイスコーヒー

f:id:arito3:20170704212810j:plain

暑い日が続いてアイスコーヒーが恋しい季節になりました。

 

みなさんお家ではどんなアイスコーヒーを飲まれてますか?

 

ペットボトルやパックに入った完成品を買って飲んでいる人がほとんどでしょうか。

 

ちょっとこだわる人は、自分で豆を買って水出しコーヒーを作っているでしょうか。

 

最近は水出しコーヒーの事をColdBrewCoffee(コールドブリューコーヒー)なんてカッコいい言い方をしているみたいですね。

 

さて蟻人がおススメするアイスコーヒーの淹れ方は急冷式です。

 

本日は急冷式のアイスコーヒーの淹れ方をご紹介します。

 

 

用意する物

f:id:arito3:20170704214007j:plain

  • コーヒー抽出器具(ドリップでもプレスでも可)
  • ホットの時の2倍の量のコーヒー豆
  • 耐熱グラス
  • グラス一杯の氷

特別変わったものは使いません。

使用する豆の量や氷の量はそれぞれお使いの器具や淹れる量によって変わってきます。
濃いコーヒーを淹れると思っていてください。

フレンチプレスやメタルフィルターでドリップする場合は目の細かい茶漉しがあるとなお良いです。

注意点として必ず耐熱グラスを使用してください。熱々のコーヒーを氷でいっぱいのグラスに一気に注ぐため耐熱グラスでない場合は割れる可能性が有ります。

 

作り方

倍量の豆を使って濃いコーヒーを淹れます。

f:id:arito3:20170704215031j:plain

この写真ではわかりづらいです通常の2倍の30グラムの豆が入っています。

僕はフレンチプレスしか持ってないのでプレスを使った写真になりますが、ドリップでも濃いコーヒーを淹れるという点で同じです。

 

 耐熱グラスに氷を一杯に入れる

f:id:arito3:20170704214624j:plain

 

氷の入ったグラスに一気に注ぎ入れる

f:id:arito3:20170704215449j:plain

一気に注いで急冷することが美味しくするポイントです。

ゆっくり注いじゃダメ。

プレスの場合は茶漉しで粉を入らないようにするとグッドです。

 

マドラーでかき混ぜる

f:id:arito3:20170704215832j:plain

コーヒー全体がよく冷えるようにかき混ぜます。

氷が融けすぎて足りなくなったら1~2個氷を足してください。

これで完成です。

 

いかがでしょうか、とっても簡単だと思います。

氷が融けて薄くなる分、濃い目のコーヒーを淹れるという事がポイントです。

使用する豆の量などはお好みで増減してもらえればと思います。

 

お味は?

f:id:arito3:20170704220757j:plain

あくまで個人的な感想ですが、急冷式で淹れるほうが水出し式よりクリーンカップが上になると思います。

フレーバーとスイートもよく感じられる仕上がりになります。

 

中煎りのシングルオリジンをアイスコーヒーにするときは水出し式より急冷式がおススメです。

もちろんアイス用の深煎りブレンドでも美味しく淹れられます。

 

まとめ

急冷式は飲みたいときにすぐ冷たいコーヒーが飲めるのが良い点です。

水出しは準備してから飲めるようになるのに8時間はかかりますからね。

 

水出し派の方も急冷式での淹れ方を知っておけば、家族に飲まれて冷蔵庫にコーヒーが残ってないという時に役立ちますよ。

 

それでは良いコーヒーライフを!